IFO注文で見据える利益と損失




「IFO注文」とは、「IFD注文」と「OCO注文」の両方を足したものです。
FX初心者には、どれも分かりにくい用語といった印象でしょう。

利益と損失を、1回で見据えるものなので、抑えておきたい用語です。

FXの新規注文を出したときに、利益注文と損切れ注文も、同時に行うことになります。

FX初心者の方にも分かりやすいように、具体的な数字の例を出してみましょう。
新規注文を考えているときに、その時点では1ドル100円だとします。
レートが95円まで下がったら買うことに決めたら、IFO注文で95円で買ってくださいと設定しておけば、下がるまでパソコンなどで為替レートとにらめっこしていなくても、自動で買い取引を済ませてくれるのです。

続きを読む

(C) 2009 FX比較と初心者必勝法