FXテクニカル分析のRSI




FXのテクニカル分析として、「RSI」という参考材料があります。

FX取引の過熱具合を見るもので、たくさんの人が買っているか、多人数が売っているか、といった内容になります。

価格を過去にまでさかのぼって、ある期間内の相対的価格に対し、現時点の価格の高低が分かるので、FX初心者が知らない昔の状況を、うかがい知れるようです。

RSIの数値は、FX初心者でも分かりやすい1〜100%の中で示され、RSI30%を下回ると売られ過ぎており、RSI70%を超えると買われ過ぎているといった具合です。

初心者には、RSIの参考期間の妥当な設定日数が、分かりにくいものですが、一般的には14日間や9日間です。

RSIの参考期間を、短期5日間などにすることも可能です。

続きを読む

(C) 2009 FX比較と初心者必勝法