FX取引手数料とスプレッド手数料




FX取引にかかる手数料は、「取引手数料」と「スプレッド手数料」の2種類があります。

初心者の方は、できることなら安く手数料をあげたいですよね。

FXでは、この合計額を実際に支払うことになります。

「取引手数料」は、売買したときに不可するコストのことで、通常1万通貨あたりで換算されます。

取引業者によっては、1千円単位もあります。

FX初心者の場合、1回の取引に対しての手数料金額だと捉えてしまいがちなのですが、片道手数料なので、注文と決済の往復分の料金となります。

取引手数料×2の金額がかかるということになりますので、FX初心者の方は計算する際、気を付けたいところです。

続きを読む

(C) 2009 FX比較と初心者必勝法